医学部合格を目指して予備校でマンツーマンの授業を受けました

進路指導で現実をつきつけられ

小さい頃から医者になるのが夢で、それなりに勉強にも力を入れてきました。

しかしいざ大学進学を目の前にした高校2年生の夏に、進路指導の先生から今のままでは医学部には入れないと言われてしまったのです。 現実に模試の判定でも合格基準には届いておらず、私も自覚していた部分はありました。それでも学校の先生から改めて言われると相当堪えてしまい、 しばらく悩む日々が続いていました。そんなとき、予備校 の広告を目にしたのです。

私の家はあまり家計も裕福ではありませんでしたから、ずっと学習塾を始めとした習い事などには通ったことがありませんでした。 ところがその広告を目にしたとき、初めて自分から通いたいとわがままを言ってしまったのです。私の中にあった危機感がそうさせたのでしょう。 お金は将来必ず夢を叶えて返すからと、親に直談判しました。

menu

医学部に受からないといわれ
医学部予備校に通い
効率的に勉強できたおかげで無事合格

予備校(医学部) エースメディカル